新着情報

社会学系コンソーシアム 第8回シンポジウム開催のお知らせ

テーマ:
日本社会のグランドデザイン—将来像と制度改革
日時:
2016 年1 月30 日(土)13:30-16:30
会場:
日本学術会議講堂(東京メトロ千代田線「乃木坂駅」5 番出口徒歩1 分)
開催趣旨:
21 世紀をむかえた世界は,社会の大きな転換期にさしかかっています。日本社会も,その例外ではありません。グローバル化,少子高齢化,あるいは地球温暖化などのいくつかの長期的な趨勢は,早急に解決を必要とする社会問題を引き起こしています。例をあげれば,格差の拡大,福祉制度の機能不全,排外主義の台頭,エネルギー政策への懸念など,枚挙にいとまがありません。こうした問題は,日本社会を大きく作りかえる必要性を提起しているといえましょう。このシンポジウムでは,社会学の立場から日本社会が直面する課題を確認し,将来に向けた大きな見取り図とそれに伴う制度作りについて検討します。
司会・オルガナイザー:
山田 信行(駒澤大学教授,社会学系コンソーシアム理事,日本労働社会学会会員)
宮本 みち子(日本学術会議連携会員,放送大学教授,社会学系コンソーシアム理事,日本家族社会学会会員)
登壇者:
報告(タイトルは打診中)
  1. 家族
    舩橋 恵子(日本学術会議連携会員,静岡大学名誉教授,日本家族社会学会会員)
  2. 福祉
    畑本 裕介(山梨県立大学准教授,日本社会福祉学会会員)
  3. 地域
    矢部 拓也(徳島大学准教授,地域社会学会会員)
  4. 環境
    長谷川 公一(日本学術会議特任連携会員,東北大学大学院教授,環境社会学会会員)
討論者:
新 雅史(学習院大学講師,日本社会学会会員)
菊池 英明(武蔵大学教授,福祉社会学会会員)

*詳細につきましては,後日,あらためて,ご案内差し上げます。チラシ / ポスター