新着情報

関西地域ブロック第24回若手研究者・院生情報交換会のご案内を掲載しました

関西社会福祉学会

第24回若手研究者・院生情報交換会

「社会福祉における家族と支援のあり方」

概   要

 近年、社会福祉の諸制度はまだ不十分な点を残しつつも、以前と比較すると充実しつつあります。その一方で、家族の意思にかかわらず、家族による一定のケアを要求されている社会的背景により、ケアを担わざるを得ない現実もあります。

 家族にかかわる問題は、高齢者福祉、児童福祉、障害者福祉等、どの領域においても議論されています。本情報交換会では、社会福祉と密接、不可分な「家族」を切り口として、今後の社会福祉のあり方を考えていきたいと考えています。

 当日は、まず、家族福祉をご専門にされている鶴野隆浩教授より、社会福祉における家族と支援のあり方についてご報告頂きます。そして、鶴野教授と指定討論者によるディスカッション、及びフロアの皆様からの質疑応答の時間を設け、このテーマについてご一緒に考えていきたいと思います。最後に、研究活動の中で生じる悩み(投稿論文や研究費のこと等)について、情報交換を行います。

日   時

2012年1月8日(日) 14:00~17:00 (終了後、懇親会の開催を予定しています)

報告者

鶴野隆浩 (大阪人間科学大学)

指定討論者

石田慎二 (関西大学)、松本理沙 (同志社大学大学院 博士後期課程)

場   所

同志社大学 今出川校地新町キャンパス 臨光館208教室

参加費

無料

参加申し込み

esl3102@mail2.doshisha.ac.jp (松本理沙) 宛に、お名前、ご所属、懇親会参加の有無をご記入のうえ、お申し込み下さい。

資料準備や懇親会会場予約等の都合上、なるべく1月5日(木)までにご連絡下さい。よろしくお願い致します。