新着情報

日本社会福祉学会学会賞(2011年対象)の推薦について

2011年9月5日

会員各位

日本社会福祉学会

会長 白澤 政和

<公印略>

日本社会福祉学会学会賞(2011年対象)の推薦について

時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

「日本社会福祉学会学会賞」事業につきましては、ご協力いただき感謝申し上げます。

 さて、今年度も推薦をいただく時期となりました。推薦対象のうち「奨励賞」については、単著書部門と論文部門(いずれも共著も可)の2部門が設けられています。裏面の日本社会福祉学会学会賞事業要綱をご確認の上、同封の推薦用紙にて、対象となる研究業績をふるってご推薦くださいますようお願い申し上げます。

1.推薦対象

① 「2011年1月~12月に公刊された研究業績」

② 学術賞、および奨励賞(単著書部門および論文部門)

2.日本社会福祉学会 学会賞審査の手順について(2011年分対象)

① 審査対象

原則として、2011年(暦年)に公刊された研究業績を対象とする。

② 推薦の締め切り

2012年1月末日とする。

③ 審査の手続き

 審査委員会が、当該年の刊行物から審査の対象となる著書、論文のリストを作成する。このリストの作成にあたっては、広く学会員からの推薦(自薦、他薦)を募るとともに、審査委員会の判断で、本学会機関誌編集委員会および関連学会の機関誌編集委員会などへ推薦を依頼することができる。

 なお、審査を円滑にするために、学会理事、監事、学会機関誌編集委員、査読委員の他、学会理事監事経験者を推薦委員として委嘱し、推薦を依頼する。

3.添付書類

学会賞事業要綱(2010年4月)

② 推薦書用紙 Word版 PDF版