学会沿革

日本社会福祉学会 沿革

1954

5月9日 日本社会福祉学会創立総会(於 大阪市教育会館)

初代会長 四宮恭二 会員数 196名

日本社会福祉学会第1回大会開催

1960

学会誌『社会福祉学』創刊

1973

学術会議において正式に学術団体として認定される

1978

本学会理事(大沢勝氏)が日本学術会議会員となる

『学会ニュース』第1号発行

学会事務局が大学研究室内から全国社会福祉協議会内に移転

1980

学会誌『社会福祉学』21巻より年2回発行

1993

会員数が2,000名を越える

1994

学会事務局が全国社会福祉協議会内から新宿区四谷に移転

1997

『公開シンポジウム』 1997年~1998年 全4回開催

『社会福祉における国際協力のあり方に関する報告書』発行

Japanese Journal of Social Services 創刊

1998

学会事務局が現在の住所(新宿区三栄町8森山ビル西館)に移転

1999

『講座 戦後社会福祉の総括と21世紀への展望 Ⅰ総括と展望』刊行。

学会ホームページ開設

2002

日韓における『社会福祉に関する研究交流の推進に関する覚書』締結

2003

学会誌『社会福祉学』44巻より年3回発行

『日本社会福祉学会賞』創設

『社会福祉学研究の50年』刊行

2004

日本社会福祉学会研究倫理指針 策定

2006

「政策・理論フォーラム」2006年~2008年 全7回開催

学会誌『社会福祉学』47巻より年4回発行

会員数が5,000名を越える

2007

社会学系コンソーシアムに参加

日本社会福祉系学会連合に参加

2008

「日本社会福祉学会フォーラム」開催 2008年~2011年 全6回

社会政策関連学会協議会に参加

2009

学会誌『社会福祉学』電子アーカイブ化をCiNiiに委託

会員情報管理システムの電子化を実施

2010

法人格を取得し、一般社団法人日本社会福祉学会となる

全国大会を年2回開催(春季大会・秋季大会)とする

メールマガジン発行開始

トップに戻る