社会福祉学

『社会福祉学』(日本社会福祉学会)Vol.56-3 目次

論文

1900年感化法の制定過程に関する社会政治的考察

北場  勉

『社会福祉学』,Vol.56,No.3,pp.01-13,2015.

日本最初の盲人専用軽費老人ホーム「聖明園」の設立過程
―創立者本間昭雄の視点から―

小西 律子

『社会福祉学』,Vol.56,No.3,pp.14-28,2015.

児童虐待対応制度の評価指標の構築と経験的適用の国際比較からみえる日本の制度的特徴

根岸  弓

『社会福祉学』,Vol.56,No.3,pp.29-43,2015.

高機能自閉症スペクトラム障害(ASD)圏の母親の子育てにおける困難とニーズ
―当事者に対する質的研究に基づく分析―

岩田千亜紀

『社会福祉学』,Vol.56,No.3,pp.44-57,2015.

中山間地域で暮らす要介護高齢者の医療福祉ニーズに関する研究
―‌地域を基盤として支援を行っている福祉専門職に対するインタビュー調査に基づいて―

鈴木 裕介

『社会福祉学』,Vol.56,No.3,pp.58-73,2015.

外国人介護福祉士候補者の介護技能評価と就労意向に関する一考察
―インドネシア第二陣受け入れ施設への調査からの示唆―

伊藤  鏡

『社会福祉学』,Vol.56,No.3,pp.74-87,2015.

調査報告

『社会福祉学』における量的研究での統計的手法と欠損データに関する一考察
―統計的観点からみたデータの取り扱い―

濵田 悦生

『社会福祉学』,Vol.56,No.3,pp.88-98,2015.

2014年度学界回顧と展望

理論・思想部門

衣笠 一茂

『社会福祉学』,Vol.56,No.3,pp.99-108,2015.

歴史部門

今井小の実

『社会福祉学』,Vol.56,No.3,pp.109-121,2015.

社会保障・社会福祉政策部門

平野 寛弥

『社会福祉学』,Vol.56,No.3,pp.122-134,2015.

ソーシャルワーク部門

松倉真理子,木原 活信

『社会福祉学』,Vol.56,No.3,pp.135-148,2015.

子ども家庭福祉部門

林  浩康

『社会福祉学』,Vol.56,No.3,pp.149-166,2015.

障害児・者福祉部門

吉川かおり

『社会福祉学』,Vol.56,No.3,pp.167-178,2015.

高齢者福祉部門

笠原 幸子

『社会福祉学』,Vol.56,No.3,pp.179-189,2015.

地域福祉部門

松端 克文

『社会福祉学』,Vol.56,No.3,pp.190-215,2015.

保健医療部門

小西加保留

『社会福祉学』,Vol.56,No.3,pp.216-226,2015.

国際部門

マーサ メンセンディーク

『社会福祉学』,Vol.56,No.3,pp.227-235,2015.

書評

森川 美絵 著
介護はいかにして「労働」となったのか:
制度としての承認と評価のメカニズム

住居 広士,Re:森川 美絵

『社会福祉学』,Vol.56,No.3,pp.236-241,2015.

郭   芳 著
中国農村地域における高齢者福祉サービス:
小規模多機能ケアの構築に向けて

沈   潔,Re:郭   芳

『社会福祉学』,Vol.56,No.3,pp.242-247,2015.

輪倉 一広 著
司祭平服スータン と癩菌:岩下壮一の生涯と救癩思想

加藤 博史,Re:輪倉 一広

『社会福祉学』,Vol.56,No.3,pp.248-253,2015.

大賀 有記 著
ソーシャルワーク支援の発展的二重螺旋構造:
役割喪失にともなう悲嘆作業過程の分析

横山登志子,Re:大賀 有記

『社会福祉学』,Vol.56,No.3,pp.254-259,2015.

文献紹介

D・P・アルドリッチ 著(石田 祐・藤澤 由和 訳)
災害復興におけるソーシャル・キャピタルの役割とは何か:
地域再建とレジリエンスの構築

小松理佐子

『社会福祉学』,Vol.56,No.3,p.260,2015.

山野 則子 編著
エビデンスに基づく効果的なスクールソーシャルワーク:
現場で使える教育行政との協働プログラム

川名はつ子

『社会福祉学』,Vol.56,No.3,pp.261-262,2015.

大田 昌秀・浅井 春夫・植田 章・桂木 志保・熊上 崇・芝田 英昭・林 千代・
山城 紀子・結城 俊哉 著
戦争と福祉についてボクらが考えていること

奥西 栄介

『社会福祉学』,Vol.56,No.3,p.263,2015.

トップに戻る