社会福祉学

『社会福祉学』(日本社会福祉学会)Vol.49-4 目次

イデオロギー分野とソーシャルワーク理論の再編

田川 佳代子

『社会福祉学』,Vol.49,No.4, pp.3-13,2009.

ソーシャルワークの「価値」の理論的構造についての一考察――「自己決定の原理」がもつ構造的問題に焦点をあてて――

衣笠 一茂

『社会福祉学』,Vol.49,No.4, pp.14-26,2009.

生活施設における知的障害のある人の自己決定の構造――担当支援職員による質問紙に対する回答を基に――

與那嶺 司・岡田 進一・白澤 政和

『社会福祉学』,Vol.49,No.4, pp.27-39,2009.

生活保護制度における自立概念に関する一考察――自立支援および自立支援プログラムに関する論議を通して――

岩永 理恵

『社会福祉学』,Vol.49,No.4, pp.40-51,2009.

障害のある子どもたちにとっての学童保育――社会的インクルージョンに向けた可能性――

三好 正彦

『社会福祉学』,Vol.49,No.4, pp.52-64,2009.

重度知的障害者が求める地域生活支援の視点とは――パーソン・センタード・プランニングにおけるアセスメントの質的分析から――

吉井 克憲

『社会福祉学』,Vol.49,No.4, pp.65-78,2009.

ひとり暮らしの道からの撤退――親と暮らしていた脳性麻痺者がひとり暮らしとしての自立生活を実現する一過程――

三毛 美予子

『社会福祉学』,Vol.49,No.4, pp.79-91,2009.

身体障害者療護施設利用者と施設職員の主観的ニーズ認識に関する研究――主観的ニーズに関するアンケート調査から――

水野 典詞

『社会福祉学』,Vol.49,No.4, pp.92-103,2009.

1960年代後半における「青い芝の会」の活動――実態と意義をめぐって――

廣野 俊輔

『社会福祉学』,Vol.49,No.4, pp.104-116,2009.

介護保険制度下の住民参加型在宅福祉サービス――地域の「支えあい」の現状と課題――

中村 義哉

『社会福祉学』,Vol.49,No.4, pp.117-130,2009.

要介護高齢者のケアプロセスにおける役割――「ケアを受ける側」の視点からの質的データ分析――

稲葉 美由紀

『社会福祉学』,Vol.49,No.4, pp.131-142,2009.

韓国の地域福祉推進における市民団体の現状と可能性についての一考察

金 蘭姫

『社会福祉学』,Vol.49,No.4, pp.143-157,2009.

実践報告 実習教育システム構築の試み――「教育の質」が保証された実習教育の実現に向けて――

中村 剛・井上 浩・竹内 美保

『社会福祉学』,Vol.49,No.4, pp.158-173,2009.

書評『救護法の成立と施行状況の研究』

北場 勉

『社会福祉学』,Vol.49,No.4, pp.174-180,2009.

書評『被虐待児の家族支援:家族再統合実践モデルと実践マニュアルの開発』

澁谷 昌史

『社会福祉学』,Vol.49,No.4, pp.181-186,2009.

書評『ソーシャルワーク感覚』

三毛 美予子

『社会福祉学』,Vol.49,No.4, pp.187-189,2009.

トップに戻る