社会福祉学

『社会福祉学』(日本社会福祉学会)Vol.48-1 目次

パターナリズムの概念とその正当化基準―『自律を尊重するパターナリズム』に着目して―

石川 時子

『社会福祉学』,Vol.48,No.1, pp.5-16,2007.

アメリカにおけるホームレス状態への福祉政策と治安政策の「並存」に関する一考察

野田 博也

『社会福祉学』,Vol.48,No.1, pp.17-29,2007.

地域における児童家庭支援センター独自の機能特性と行政との役割分担のあり方に関する研究

相原 眞人

『社会福祉学』,Vol.48,No.1, pp.30-41,2007.

戦後における「親による障害児殺し」事件の検討

夏堀 摂

『社会福祉学』,Vol.48,No.1, pp.42-54,2007.

中途失聴者と難聴者に対する援助行動と連関する要因の研究

山口 利勝

『社会福祉学』,Vol.48,No.1, pp.55-67,2007.

知的障害者の一般就労に影響を及ぼす要因の解明

陳 麗

『社会福祉学』,Vol.48,No.1, pp.68-80,2007.

環境条件からみた特別養護老人ホームケアスタッフの職場内教育における課題―ユニット型と既存型の比較から―

鈴木 聖子

『社会福祉学』,Vol.48,No.1, pp.81-91,2007.

利用者による訪問介護評価尺度案の交差妥当性と関連要因の検討

須加 美明

『社会福祉学』,Vol.48,No.1, pp.92-103,2007.

介護支援専門員におけるバーンアウトとその関連要因―自由記述による具体的把握を通して―

高良 麻子

『社会福祉学』,Vol.48,No.1, pp.104-116,2007.

初期病院社会事業の実践―泉橋慈善病院 病人相談所について―

高橋 恭子

『社会福祉学』,Vol.48,No.1, pp.117-129,2007.

保健福祉施設におけるリーダーシップに関する一考察―良質なサービス提供を勧めるために―

中野 隆之

『社会福祉学』,Vol.48,No.1, pp.130-141,2007.

英国における専門職連携教育の展開

新井 利民

『社会福祉学』,Vol.48,No.1, pp.142-152,2007.

【調査報告】アメリカのナーシングホームにおけるケアの質のマネジメントシステムの現状と評価―マネージャーらへのヒヤリング調査をもとに―

伊藤 美智子・近藤 克則

『社会福祉学』,Vol.48,No.1, pp.153-166,2007.

【学会シンポジウムⅠ:時代を切り拓く社会福祉研究】 異文化のインタビューを読む―セルフヘルプグループの日米比較―

岡 知史

『社会福祉学』,Vol.48,No.1, pp.167-170,2007.

【学会シンポジウムⅠ:時代を切り拓く社会福祉研究】 貧困と地域福祉活動―前提と役割、実践と研究の課題―

柴田 謙治

『社会福祉学』,Vol.48,No.1, pp.171-174,2007.

【学会シンポジウムⅠ:時代を切り拓く社会福祉研究】 アジアの社会福祉研究―韓国を対象とした地域研究と学際研究から考える―

株本 千鶴

『社会福祉学』,Vol.48,No.1, pp.175-178,2007.

【学会シンポジウムⅠ:時代を切り拓く社会福祉研究】 根拠に基づくソーシャルワーク実践を目ざして―精神障害者の生活支援についての研究を通して―

岡田 まり

『社会福祉学』,Vol.48,No.1, pp.179-181,2007.

【学会シンポジウムⅡ:施設サービスの質をめぐる研究・政策・実践の動向】 政策論の観点から

平岡 公一

『社会福祉学』,Vol.48,No.1, pp.182-184,2007.

【学会シンポジウムⅡ:施設サービスの質をめぐる研究・政策・実践の動向】 質的評価について

柴尾 慶次

『社会福祉学』,Vol.48,No.1, pp.185-188,2007.

【学会シンポジウムⅡ:施設サービスの質をめぐる研究・政策・実践の動向】 施設サービスの質の概念・確保策とサービス評価の課題

冷水 豊

『社会福祉学』,Vol.48,No.1, pp.189-193,2007.

【学会シンポジウムⅡ:施設サービスの質をめぐる研究・政策・実践の動向】 アメリカのナーシング・ホームのケアの質マネジメント・システム

近藤 克則

『社会福祉学』,Vol.48,No.1, pp.194-198,2007.

【学会シンポジウムⅡ:施設サービスの質をめぐる研究・政策・実践の動向】 権利擁護と施設リスクマネジメント

平田 厚

『社会福祉学』,Vol.48,No.1, pp.199-200,2007.

【国際シンポジウム:少子高齢社会における日韓の家族問題の現状と課題】 少子高齢社会における日韓の家族問題の現状と課題 

黒木 保博

『社会福祉学』,Vol.48,No.1, pp.201-204,2007.

【国際シンポジウム:少子高齢社会における日韓の家族問題の現状と課題】 わが国における虐待防止制度の現状と課題

才村 純

『社会福祉学』,Vol.48,No.1, pp.205-208,2007.

【大会企画シンポジウム:新しい価値の創造と社会福祉の役割】 アクセシビリティはユニバーサルデザインと支援技術の共同作業により実現する 

石川 准

『社会福祉学』,Vol.48,No.1, pp.209-212,2007.

【大会企画シンポジウム:新しい価値の創造と社会福祉の役割】 障害者の権利条約がもたらすもの―障害学とインクルージョン―

長瀬 修

『社会福祉学』,Vol.48,No.1, pp.213-215,2007.

【大会企画シンポジウム:新しい価値の創造と社会福祉の役割】 他民族・多文化共生福祉の創造

金 永子

『社会福祉学』,Vol.48,No.1, pp.216-219,2007.

【書評】山田 昌弘著『希望格差社会:「負け組」の絶望感が日本を引き裂く』

藤村 政之

『社会福祉学』,Vol.48,No.1, pp.220-225,2007.

【書評】菅沼 隆著『被占領期社会福祉分析』

鍾 家新

『社会福祉学』,Vol.48,No.1, pp.223-225,2007.

トップに戻る