社会福祉学

『社会福祉学』(日本社会福祉学会)Vol.39-1 目次

イギリスにおけるコミュニティ・ケア改革以降の公私関係 : ボランタリー組織との関係を中心に

高橋万由美 , 永田  祐

『社会福祉学』,Vol.39,No.1, pp.1-21,1998.

ソーシャルワークにおける「ソーシャル」が意味するもの : 生態学の発想を基軸にした実践の視点に関する検討

空閑 浩人

『社会福祉学』,Vol.39,No.1, pp.22-38,1998.

老人ホームにおける人生回顧法を用いたグループワーク実践の試みについて

黒田  文

『社会福祉学』,Vol.39,No.1, pp.39-55,1998.

地域における子育て支援のあり方 : 英国のファミリーセンターを例として

清水 隆則

『社会福祉学』,Vol.39,No.1, pp.56-73,1998.

保健医療福祉職の援助過程における判断構造と特性 : 質的研究の試み

神谷 弘美 , 後藤 真澄 , 坂本真理子 , 若松 利昭

『社会福祉学』,Vol.39,No.1, pp.74-90,1998.

高齢者を対象とした福祉サービスの効果評価に「自己実現」の概念を用いるための測定尺度の検討 : Short Index of Self-Actualization(SSA)の交差妥当性と基準関連妥当性

川元 克秀

『社会福祉学』,Vol.39,No.1, pp.91-111,1998.

明治・大正期における児童虐待とその背景

岩間 麻子

『社会福祉学』,Vol.39,No.1, pp.112-128,1998.

新婦人協会とハルハウス : 平壌らいてうの母性保護思想の実践と,山田嘉吉,わか夫妻の果たした役割

今井小の実

『社会福祉学』,Vol.39,No.1, pp.129-144,1998.

介護福祉士及びヘルパーのケアマネジメント関連項目に対する自己評価

安梅 勅江 , 高山 忠雄

『社会福祉学』,Vol.39,No.1, pp.145-161,1998.

医療的ケアを伴う重度重複障害者における問題 : 在宅福祉の改善への提言

結城 康博

『社会福祉学』,Vol.39,No.1, pp.162-176,1998.

精神保健ボランティア活動に関する研究

栄 セツコ

『社会福祉学』,Vol.39,No.1, pp.177-192,1998.

虐待経験,食行動異常に悩む福祉学生へのケースワーク : セルフ-エスティームを高めるための実践

川村 隆彦

『社会福祉学』,Vol.39,No.1, pp.193-213,1998.

児童福祉の新たな視角 : 『子どもの権利条約』と教育をめぐる問題

菊地 みほ

『社会福祉学』,Vol.39,No.1, pp.214-229,1998.

ソーシャルワーク理論の概念構成に関する考察

藏野ともみ , 八重田 淳

『社会福祉学』,Vol.39,No.1, pp.230-243,1998.

高齢者及び依存性の高い成人の虐待を取り扱うソーシャルワーカーの職務満足度に関する一考察 : カリフォルニア州サンタクララ郡成人保護サービス機関に所属する虐待専門援助者の意識調査を通して

江原 勝幸

『社会福祉学』,Vol.39,No.1, pp.244-259,1998.

在宅ケア活動における「看護」と「介護」

永田 千鶴

『社会福祉学』,Vol.39,No.1, pp.260-278,1998.

痴呆性高齢者施設の建築設計における理念・目標・手法に関する研究

本間 敏行 , 菅野  實

『社会福祉学』,Vol.39,No.1, pp.279-296,1998.

心身障害児者の家族に対する家族生活教育(FLE)の実践とその評価 : 本格的な実施に向けたプログラム開発の前段階として

渡辺顕一郎

『社会福祉学』,Vol.39,No.1, pp.297-315,1998.

トップに戻る