これまでのフォーラム

日本社会福祉学会フォーラムの案内

(2008年度から開始されたフォーラムです)

第13回日本社会福祉学会フォーラム終了

第13回 児童福祉法改正で何が変わるか-社会福祉実践がすべきこと- 開催要項
日時:
2017年3月26日(日)13:00~17:00(受付12:00~)
場所:
おかやま西川原プラザ 大会議室A
岡山市中区西川原255
交通アクセス:
JR山陽本線「西川原駅」下車徒歩1分(駅の表示や案内が「西川原・就実」となっていることがあります)
宇野バス 西川原(天下一品前)停留所 徒歩5分
詳細は、次のURLよりご確認できます。
http://www.okakyoikukai.or.jp/modules/access/index.php?content_id=2
主催:
一般社団法人日本社会福祉学会/一般社団法人日本社会福祉学会中国・四国地域ブロック
対象:
一般社団法人日本社会福祉学会会員及び会員以外の方でテーマに関心のある方
参加費:
1,000円(webによる事前受付を行った方は、指定口座へ事前支払いができます。なお、当日、受付にてのお支払いも可能です。)
*但し、学生(大学生・大学院生)の方は、会員・非会員を問わず、参加費を免除しますので、受付で学生証をご提示ください。
情報保障:
手話通訳が必要な方は、事前に(3月13日(月)までに)ヘルプデスクまでご連絡ください。
日本社会福祉学会大会ヘルプデスク(フォーラム)
E-mail:jssw-forum@bunken.co.jp

【基調講演】

児童福祉法改正で何が変わるか
 児童福祉法改正と研究・現場実践の課題 【PDF
  講師:松原康雄 (明治学院大学)

【シンポジウム 「児童を取り巻く課題と社会福祉実践の役割」】

子どもや子育て家庭を取り巻く課題とこれからの子育ち・子育て支援
~「こどもの里」(無認可児童館)の実践から見えてくるもの~ 【PDF
八重樫牧子(福山市立大学)

児童福祉法の改正に期待する
-SSWの現場から- 【PDF(1)/PDF(2)
富島喜揮(四国学院大学)

活用できる専門職とその役割について 【PDF
中田憲悟(はばたき法律事務所)

トップに戻る

第12回日本社会福祉学会フォーラム終了

※2015年度のフォーラム申込から、webにて事前参加申込を受け付けます。



第12回 当事者主体の障害者地域生活支援を問う 開催要項
日時:
2016年3月6日(日) 13:00~17:00(受付12:00~)
場所:
大阪人間科学大学庄屋学舎B号館OHSホール
交通アクセス:
阪急電鉄京都線「正雀」から徒歩5分
JR京都線「岸辺」から徒歩10分
詳細は、次のURLよりご確認できます。
http://www.ohs.ac.jp/access/
*阪急電鉄京都線「正雀」からのルートの方が、車椅子をご利用の方などの場合、交通量の関係等から安全と思われます。
主催:
一般社団法人日本社会福祉学会/一般社団法人日本社会福祉学会関西地域ブロック
対象:
一般社団法人日本社会福祉学会会員及び会員以外の方でテーマに関心のある方
参加費:
1,000円(webによる事前受付を行った方は、指定口座へ事前支払いができます。なお、当日、受付にてのお支払いも可能です。)
*但し、学生(大学生・大学院生)の方は、会員・非会員を問わず、参加費を免除しますので、受付で学生証をご提示ください。
情報保障:
手話通訳が必要な方は、事前に(2月22日(月)までに)ヘルプデスクまでご連絡ください。
日本社会福祉学会大会ヘルプデスク(フォーラム)
E-mail:jssw-forum@bunken.co.jp

【基調講演】

当事者主体の地域生活を築くために ~障害者権利条約批准後に何が求められるか~
(当日配布資料) 

講師:石渡和実 (東洋英和女学院大学)

【シンポジウム 「障害者の地域生活支援の“いま”と“これから”」】

玉木幸則
(社会福祉法人西宮市社会福祉協議会障害者総合相談支援センターにしのみや)
-当事者の立場から
上田晴男
(全国権利擁護支援ネットワーク)
-支援者の立場から
小山聡子
(日本女子大学)
-研究者の立場から

トップに戻る

第11回日本社会福祉学会フォーラム終了

第11回
地域包括ケアシステムの構築に向けた論点 開催要項(PDF)
 
日時:2015年2月8日(日) 13:00~17:00(受付12:30~)
 
場所:金城学院大学

【基調講演】

地域包括ケアシステムの理解・研究・構築にむけての論点-医療経済・政策学の視点から
1.地域包括ケアシステムのさまざまな源流を正確に理解する

講師:二木 立(日本福祉大学)

【シンポジウム 「地域包括ケアシステムの課題-現場から報告」】

市民とともに進める地域福祉のシステム形成

竹内武(茅野市健康福祉部)

半田市における地域包括ケアシステムのプロセス
~岩滑区「防災から安住のまちづくり事業」を通して~

澤田道(半田市包括支援センター) 

地域包括ケアシステムの課題~現場からの報告~

髙橋健輔(名古屋市瑞穂区西部いきいき支援センター)

トップに戻る

第10回日本社会福祉学会フォーラム終了

第10回
「フクシマ」から社会福祉学を問い直す 開催要項(PDF)
 
日時:2013年11月30日(土) 11:00~15:30(受付10:30~)
 
場所:郡山女子大学 芸術館大教室
 
   〒963 -8503 福島県郡山市開成三丁目25番2号

【シンポジウム:『「フクシマ」から社会福祉学を問い直す』】

理論的な視点から

天野 宗和(東日本国際大学)

現実的な取り組みから

島野 光正(福島県社会福祉士会)

政策的課題の視点から

丹波 史紀(福島大学)

政策的課題の視点から

渡邊 中(あだたら育成園)

トップに戻る

第9回日本社会福祉学会フォーラム終了

日時
2012年7月14日(土)14:00~18:00
会場
札幌エルプラザ(札幌市男女共同参画センター)

開催要項を掲載しました(PDF:153KB)

第9回
貧困と政治―貧困に社会福祉学はどう立ち向かうか― 開催要項(PDF)
 
日時:2012年7月14日(土) 14:00~18:00(受付13:30~)
 
場所:札幌エルプラザ(札幌市男女共同参画センター) 3階ホール
 
   (JR札幌駅北口より徒歩5分 札幌市北区北8条西3丁目)

【基調講演】

貧困と政治をめぐって

講師:山口 二郎(北海道大学教授)

【シンポジウム 貧困に社会福祉学はどう立ち向かうか】

問題論の観点から

松本 伊智朗(北海道大学)

運動論の観点から

吉永  純(花園大学)

政策論の観点から

岡部  卓(首都大学東京)

トップに戻る

第8回日本社会福祉学会フォーラム終了

日時
2012年3月10日(土)13:00~17:00
会場
龍谷大学大阪梅田キャンパス

開催要項を掲載しました(PDF:149KB)

第8回
社会的ケアについて考える(その2)―施設・地域・家族の観点から― 開催要項(PDF)
 
日時:2012年3月10日(土)13:00~17:00
 
場所:龍谷大学大阪梅田キャンパス
 
   (〒530-0001 大阪市北区梅田2-2-2 ヒルトンプラザウエストオフィスタワー14階)

【シンポジウム「社会的ケアを考える(その2)― 施設・地域・家族の観点から ―」】

「施設」の観点から

橋本 武也(特別養護老人ホーム同和園)

「地域」の観点から

松端 克文(桃山学院大学)

「家族」の観点から

天田 城介(立命館大学)

トップに戻る

第7回日本社会福祉学会フォーラム終了

日時
2011年9月11日(日)
会場
福岡市市民福祉プラザ(ふくふくプラザ) 601研修室

開催案内を掲載しました(PDF:123KB)

第7回
社会的ケアについて考える-その1
 
   「子どもの育ちにおける社会的ケアと家族の役割」開催要項(PDF)
 
日時:2011年9月11日(日)13:00~17:00
 
場所:福岡市市民福祉プラザ(ふくふくプラザ) 601 研修室
 
   (福岡市中央区荒戸3丁目3番39号 福岡市営地下鉄「唐人町」)

【基調講演】

育児の社会化の多様なかたち~ スウェーデン、フランス、アメリカの仕組みから考える~

講師:舩橋 惠子(静岡大学副学長、同大学人文学部教授)

【シンポジウム 「子どもの育ちにおける社会的ケアと家族の役割」】

児童相談所等地域行政諸機関における実践からの発題

安部 計彦 (西南学院大学)

被措置児童等(養護施設等)のケアと家族の関係からの発題

伊部 恭子 (佛教大学)

地域における子育て支援の制度と実践からの発題

村井 美紀 (東京国際大学)

トップに戻る

第6回日本社会福祉学会フォーラム終了

第6回
なくそう子どもの貧困-その現状と支援に向けた社会福祉の課題-開催要項(PDF)
 
日時:2011年2月27日(日)13:00~17:00
 
場所:ホテルチューリッヒ東方2001(広島市東区光町2-7-31,JR広島駅東口)

シンポジウム「子どもの貧困に対する支援体制をめぐって-実践現場からの提起と今後の課題-」

【シンポジスト】

子ども・家族が抱える貧困とその支援

陶山 博子(広島市教育委員会)

少年非行と貧困

下西さや子(日本赤十字広島看護大学)

子どもの貧困、その背景にある不利と困難の複合

大澤 真平(札幌学院大学)

コメンテーター】(15:25~15:55 発言 各15分)

門田 光司(福岡県立大学)

トップに戻る

第5回日本社会福祉学会フォーラム終了

第5回
権利擁護における制度と実践 開催要項(PDF)
 
日時:2010年7月17日(土)13:00~17:00
 
場所:北星学園大学 A館 503 教室(札幌市厚別区大谷地西2-3-1)

第5回日本社会福祉学会フォーラム 報告にあたって】①

コーディネーター:杉岡 直人・中村和彦(北星学園大学)

【課題提示】

1「福祉サービス利用における苦情解決と権利擁護」②

北海道福祉サービス運営適正化委員会 米本 秀仁(北星学園大学)

2「児童虐待事件における制度と実践」③

札幌南藻園 大場 信一(元北海道中央児童相談所)

【シンポジウム 権利擁護における制度と実践】

1「高齢者虐待防止法下における成果と限界」④

石川 秀也(北海道医療大学)

2「施設サービスにおけるギブアップと強制退所」⑤

杉本 直子(北海道福祉サービス運営適正化委員会)

3「地域生活における自立と支援の制度化の現状と課題」⑥

田中 耕一郎(北星学園大学)

4「精神障害者の就労支援における制度と実践」⑦

森谷 康文(北海道教育大学函館校)

総括コメント】⑧

秋元 美世(東洋大学)

トップに戻る

第4回日本社会福祉学会フォーラム終了

第4回
福祉サービスの利用者支援と自立支援 開催要項(PDF)
 
日時:2009年11月14日(土):13:00~17:00
 
場所:東北福祉大学ステーションキャンパス(仙台市)

基調講演

国連・高齢化国際行動計画と福祉サ-ビスの利用支援と自立支援

金沢大学 井上 英夫

シンポジウム

個別支援の現場から:

宮城県社会福祉士会/宮城福祉オンブズネット「エール」 内田 幸雄

支援ネットワーク形成の立場から

山形県社会福祉士会 柴田 邦昭

行政の立場から

仙台市健康福祉局 南方 順一郎

コメント― 実践経験にもとづいて

東北福祉大学 志田 民吉

コメント― 高齢者虐待とサービス利用支援

首都大学東京 副田 あけみ

質疑応答

トップに戻る

第3回日本社会福祉学会フォーラム終了

第3回
支援を必要とする子育て家庭への福祉的対応をめぐって開催要項(PDF)
 
日時:2009年7月25日(土)13:00~17:00
 
場所:龍谷大学大宮キャンパス(京都市下京区)

シンポジウム「支援を必要とする子育て家庭への福祉対応をめぐって」

1 シンポジストからの発言概要

中野 冬美
(NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ・関西)
大塩 孝江
(母子生活支援施設倉明園)
渡部たづ子
(世田谷区子ども部要保護児童支援担当)

2 コメンテーターからの発言概要

相馬 直子
(横浜国立大学)
山辺 朗子
(龍谷大学)
森田 明美
(東洋大学)

質疑応答内容

コーディネーター 高山恵理子(上智大学)/小林 良二(東洋大学)

4 まとめ

森田 明美(東洋大学)

特別講演「現代家族をどのように理解するか ―現代社会の構造転換と社会保障-」

講師:山田昌弘氏(中央大学):講演概要

トップに戻る

第2回日本社会福祉学会フォーラム終了

第2回
地域移行支援の現状と課題 開催要項(PDF)
 
日時:2008年11月22日(土)13:00~17:00
 
場所:金城学院大学(名古屋市守山区)
 
*報告概要は『社会福祉学』Vol.50-3に掲載されています。

トップに戻る

第1回日本社会福祉学会フォーラム終了

第1回
地域における生活支援をめぐる実践と研究 開催要項(PDF)
 
日時:2008年 7月12日(土)13:00~17:00
 
場所:東洋大学白山キャンパス(東京都文京区)
 
*報告概要は『社会福祉学』Vol.50-1に掲載されています。

トップに戻る

日本社会福祉学会<政策・理論フォーラム>の案内
(全7回の開催<2006年3月~2008年3月>をもって終了しました。)

第7回
社会福祉政策・理論はいのち・人権とどう向き合うのか。開催要項/申込用紙
 
日時:2008年3月16日(日)10:00~17:00(受付9:00~)
 
場所:西九州大学4号館第1視聴覚教室
(佐賀県神埼市神埼町尾崎4490-9 JR神埼駅下車スクールバス利用)
 
*報告概要は『社会福祉学』Vol.49-3に掲載されています。
第6回
テーマ 社会福祉政策研究における「理論」の評価と展望。開催要項・申込用紙
 
日時:2007年11月18日(日)10:00~17:00(受付9:00~)
 
場所:東北福祉大学ステーションキャンパス(仙台市,JR仙山線/東北大学駅前)
 
*報告概要は『社会福祉学』Vol.49-1に掲載されています。
第5回
福祉政策・理論の源流と展望。 開催要項終了しました。
 
日時:2007年6月24日(日)10:00~17:00(受付9:00~)
 
場所:吉備国際大学 岡山駅前キャンパス(岡山市岩田町2-5,JR岡山駅徒歩3分)
 
*報告概要は『社会福祉学』Vol.48-4に掲載されています。
第4回
わが国の社会福祉政策を展望する。 開催要項終了しました。
 
日時:2007年3月18日(日)10:00~17:30(受付9:00~)
 
場所:東洋大学(東京都文京区白山)
 
*報告概要は『社会福祉学』Vol.48-3に掲載されています。
第3回
「新たな」福祉対象へのアプローチ。 開催要項終了しました。
 
日時:2006年12月2日(土)10:00~17:00(受付9:30~)
 
場所:愛知県立大学講堂(愛知県愛知郡長久手町大字熊張字茨ヶ廻間1522 番3)
 
*報告概要は『社会福祉学』Vol.48-2に掲載されています。
第2回
社会福祉学はいかに自治体の政策形成に寄与できるか。開催要項終了しました。
 
日時:2006年7月2日(日)10:00~17:00(受付9:30~)
 
場所:北星学園大学(札幌市)
 
*報告概要は『社会福祉学』Vol.47-4に掲載されています。
第1回
いま、なぜ、政策・理論研究なのか。開催要項終了しました。
 
日時:2006年3月11日(土)10:00~17:00(受付9:30~)
 
場所:同志社大学新町キャンパス(京都市)、臨光館3階301教室
 
*報告概要は『社会福祉学』Vol.47-2に掲載されています。

トップに戻る