地域ブロック情報 九州


イベント大会告知

日本社会福祉学会九州部会第58回研究大会 開催要綱

日本社会福祉学会九州部会第58回研究大会 自由研究発表申込要項

<ごあいさつ>

 社会福祉では1960年代以降「ノーマライゼーション」という概念で、個の多様性を尊重してきたが、今日では行政を中心とする「ダイバーシティ」という表現の広がりとともに、生活の様々な場面で個の「違い」に価値が見出されつつある。

 他方で1990年代以降、効率性や功利性を究極的な価値とする考え方が保健医療福祉そして教育とあらゆる面に浸透し「社会的排除」の問題を深刻化させている。「社会的包摂」という概念も経済的効率性、功利性というゴールに向けた一元的な道具として機能するのであれば、それによって却って多様なあり方が保障される社会から遠ざかってしまうように思われる。また、経済的効率性、功利性から排除された者は経済活動の周辺部に追いやられることを自明のこととして受け入れざるを得ない社会を肯定することになる。

 本大会ではこうした現状認識に立ちつつ、「社会的包摂」の背後にある価値一元化の流れの対抗軸として、人種、性別、年齢、職業、障がい、性的指向等を超越する「多様」な価値を再発見し、それら多様な価値が日常的に保障されるために社会福祉に何ができるかについて考える機会とし、もって地域共生社会実現の布石としたい。

2017年1月

第58回研究大会実行委員長 西島 衛治
日本社会福祉学会九州地域ブロック理事 本郷 秀和

1.大会テーマ

「多様性の日常化と社会福祉」

2.主催

日本社会福祉学会九州地域部会  日本社会福祉学会

3.後援予定(順不同、敬称略)

熊本県  玉名市  
熊本県社会福祉協議会  玉名市社会福祉協議会
熊本県教育委員会   玉名市教育委員会
熊本日日新聞社
熊本県社会福祉士会 熊本県精神保健福祉士協会 熊本県医療ソーシャルワーカー協会
熊本県介護福祉士会 熊本県介護支援専門員協会
九州看護福祉大学同窓会
九州看護福祉大学

4.会期

2017年5月20日(土)・21日(日)

5.会場

 1日目 : 2017年5月20日(土)
   会場: 玉名市民会館ホール
     〒865-0016 熊本県玉名市岩崎152-2 TEL:0968-73-5107

 2日目 : 2017年5月21日(日)
   会場: 九州看護福祉大学
     〒865-0062 熊本県玉名市富尾888 TEL:0968-75-1800

6.日程・プログラム

【第1日目:地域公開講座】 5月20日(土)………玉名市民会館ホール

受付
12:00
開会式
13:00
○開会挨拶  日本社会福祉学会九州地域ブロック 理事 本郷 秀和
○開催校挨拶 九州看護福祉大学 学長 志賀 潔
○来賓挨拶  玉名市長 髙嵜 哲哉
基調講演
13:20~14:50
 
テーマ:「これからの福祉を考える ~ソーシャル・アクションの時代に~」
 
講師:湯浅 誠 氏(法政大学現代福祉学部 教授)
休憩
14:50~15:00
シンポジウム
15:00~17:20
 
○テーマ:「多様性の日常化と社会福祉(仮)」
 
○シンポジスト
・身体障がい当事者
・性別違和当事者
・発達障がい当事者
○指定発言者
豊田 保(九州看護福祉大学 教授)
○コーディネーター
山本 孝司 (九州看護福祉大学 准教授)
情報交換会
時間:18:30~20:30
 
会場:司ロイヤルホテル
 
〒865-0061 熊本県玉名市立願寺50−1
 
TEL:0968-73-8888

[第2日目] 5月21日(日)………九州看護福祉大学・本館5階教室

自由研究発表
9:30~11:30
(休憩)
11:30~11:40
総会
11:40~12:00
閉会式
12:00~12:15

7.大会参加費等

(1)大会参加費

参加区分 事前申込み(3/3まで) 当日参加
会   員 3,000円 3,500円
非 会 員 4,000円
学   生 500円
情報交換会費 6,000円

(2)支払い方法

  • ※資料等の準備の為、できる限り「事前申込み」をお願いいたします。
  • ※なお、事前申込みの入金方法は、銀行振り込みに限らせていただきます。

【振込先】

肥後銀行 玉名駅前支店 普通預金 口座番号 789453

日本社会福祉学会九州地域部会 第58回研究大会 事務局会計 隈 直子

  • ※お振込みいただきました参加費等は返却できませんので、ご承知おきください。

8.参加申し込み方法(3月3日(金)必着

同封の「参加申込書」に必要事項をご記入の上、E-mailまたはFAXにて大会事務局までお申し込みください。)

  • ※参加申し込み及び参加費等の入金確認後、大会事務局より参加申し込み完了のE-mailまたはFAXをお送りいたします。

9.自由研究報告(3月24日(金)必着

同封の「参加申込書」に必要事項をご記入の上、E-mailまたはFAXにて大会事務局までお申し込みください。)

  • ※事前に参加申し込みの上、別紙「自由研究発表申込要項」をご参照いただき、E-mailにて事務局に「自由研究発表要旨(Wordファイル)」をご送付ください。

10.参加申込み及び問い合わせ先

【日本社会福祉学会九州地域部会 第58回研究大会事務局】

〒865-0062 熊本県玉名市富尾888

九州看護福祉大学 看護福祉学部 社会福祉学科 実習センター内
               担当:田島 望 、隈 直子

TEL 0968-75-1874(直) / 0968-75-1800(代)

FAX 0968-75-1874    / E-mail:jsswq@wesleyan.ac.jp

11.宿泊・昼食

宿泊、昼食の手配は行っておりません。宿泊については、別紙宿泊リストをご参照の上、各自でご予約をお願いいたします

機関誌

  1. (名称) 
    本誌は、日本社会福祉学会九州部会の機関紙『九州社会福祉学』と称する。
  2. (目的) 
    本誌は、原則として本会会員の社会福祉研究の発表にあてる。
  3. (資格) 
    本論文集に投稿を希望する者は、共同研究者も含めて、日本社会福祉学会九州部会会員でなければならない。
  4. (発行)
    本誌は、原則として1年に1回発行するものとする。
  5. (内容)
    本誌に、論文・実践報告・資料解題・調査報告・海外社会福祉研究・書評・学会情報などの各欄を設ける。
  6. (編集)
    本誌の編集は、機関誌編集委員会(以下、「委員会」)が行う。
  7. (委員会の役割)
    原稿の掲載は、委員会の決定による。
  8. (執筆要領)
    原稿は、所定の執筆要領に従う。
  9. (投稿規定)
    投稿論文掲載が可となった場合、別刷り30部の費用として10,000円を徴収する。
  10. (事務局)
    編集事務局は、日本社会福祉学会九州部会事務局(福岡県立大学本郷秀和研究室)におく。
附則
この規定は2010年4月1日より施行する。
2017年5月21日一部改正

事業計画

日本社会福祉学会 九州地域ブロック 2017度事業計画

1.事業計画名

1)機関誌『九州社会福祉学』第14号の刊行
2)「日本社会福祉学会九州部会研究大会」第58回の開催
3)運営委員会の開催

2.上記計画事業の具体的計画項目・目標と実施に向けた方法

1) 2017年度の計画項目・実施目標・方法
  • ①機関誌『九州社会福祉学』第14号の刊行に向けて
    投稿要項・編集規程の周知(機関誌第11号による)
    投稿締切 2017年8月31日
    編集委員会による査読者の選任と査読依頼
    査読者による査読
    編集委員会にて査読結果に基づき掲載の可否、掲載区分の決定
    投稿者への通知、校正
    発行、会員への郵送(2018年3月)
  • ②「日本社会福祉学会九州部会研究大会」第58回の開催にむけて
    開催校 九州看護福祉大学(熊本県玉名市)2017年5月20-21日
    日本社会福祉学会九州部会研究大会の今後の開催予定
     2018年度(第59回大会) 沖縄国際大学(沖縄県宜野湾市)※交渉中
  • ③運営委員会の開催
    運営委員5名にて3回実施予定(機関誌編集、研究大会など協議)

2) 2017年度の計画項目の検討または実施部署並びに関連部署
学会の関係委員会の情報を収集しながら、地方委員会九州部会として方針を決定し、実施する。

3) 事業推進経費
2017年度必要予算項目
九州地域ブロック経理担当で計算した予算書を参照。

役員体制

役員
倉田康路、田畑洋一、鬼崎信好、荒木 剛、本郷秀和、江口賀子